バイオガス発電所に当社開発の消化液処理設備の採用が決定致しました。

2017.10.06
限りある資源を活用し、豊かな社会づくりに貢献するバイオガス(メタンガス)発電が注目されておりますが、この度、当社で開発いたしました消化液処理システムが2020年稼働予定の発電所に採用される事が決定いたしました。

■処理設備概要
・能力:80m3/日
・概要:凝集脱水+生物処理(脱水物は肥料として再利用)
・特徴:凝集脱水を高精度にすることで生物処理の負荷を軽減し、維持管理費を低コストに保ちます。
・処理対象:BOD、全窒素、全リン等