TRP

TRPとは?

「安全な水」「きれいな水」を実現する水処理材 TRP

  • アステックが東京大学名誉教授 湊 秀雄教授(鉱物学)のご指導のもと開発した「TRP®」は、
    数種類の天然鉱物を調合した水処理材です。
  • 処理水中の汚濁物質を複合ミネラル分が素早く荷電中和し、きれいな水を甦らせます。
  • TRPは特殊な天然鉱物が持つ浄化機能を最大限に活用するものであり、有機高分子凝集剤は一切使用していないため、
    安心してお使いいただけます。
  • 他の既存資材と併用することで、重金属(ヒ素・鉛・カドミウム・水銀・銅・鉄分・亜鉛・クロム)、ダイオキシン類、
    油分、チッ素・リン、フッ素 等を除去し、水質浄化を実現します。
重金属類・建設濁水・ダイオキシン・池水の浄化に効果を発揮!

TRP 5つの特徴

高い安全性

天然鉱物資源を使用しているため、二次公害の心配が無く安心してご使用いただけます。

反応が早い

汚濁物質を天然ミネラル分が素早くキャッチし、凝集します。

汚泥量の軽減

TRPによって処理された汚泥は脱水性が高いため、汚泥量が軽減できます。

有効pH域が広い

幅広いpH域で強力に凝集します。pH前処理が原則不要。

沈殿スピードが速い

ダム湖・池・沼等における濁水を速やかに沈殿させることが可能です。

浄化実績数値<環境基準以下への浄化を実現!>

物質原水(mg/L)
ヒ素(As) 1.5
鉛(Pb) 2.1
カドミウム(Cd) 0.46
総水銀(Hg) 0.023
銅(Cu) 4.4
溶解性鉄(Fe) 10
油分(n-hex) 58000
六価クロム(Cr(VI)) 2.7
リン(P) 0.5
フッ素(F) 6.9
処理水(mg/L)
<0.002
<0.01
<0.01
<0.0005
<0.01
<0.02
<0.5
<0.04
<0.05
<0.8

TRPを使った水処理フロー

ふっ素・窒素・リン・重金属類・ダイオキシン類・油類…等の汚染水を、環境基準・排水基準等、お客様のご要望に応じたレベルまで浄化いたします。

主な活用場面

  • 生物がいる所での水処理
  • 放流先で農業、漁業への影響が懸念される場面
  • 国家プロジェクト、処理難度の高い場面
  • 複合汚染水の浄化
  • 港湾・河川等の汚染底質減容化
  • 池水・湖沼の水処理、富栄養化対策
  • 都心で求められるコンパクトな水処理

土壌浄化に伴う水処理

左:処理水/右:脱水ケーキ

カタログ・製品安全データシート(MSDS)

※その他の水処理に関するカタログや論文はこちらからご覧下さい

あなたの水処理の課題も、高い技術と経験で解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。
079-298-6666 受付8:30~17:30(土・日・祝休業)